光回線ガンガン体験談!!

フレッツ光を選択するメリット

読了までの目安時間:約 2分

 

最近になって光回線の専門業者がよく訪ねてくるかと思われますが、世の中の顧客にとっては光回線とは何かと思われる顧客が多いかと思います。

 

フレッツ光という光回線の例を見てみる前に、光回線とは何かについて説明します。
光回線とは光ファイバーを利用した回線の事であり、この回線を利用する事によって得られるメリットは高速な通信回線です。インターネットを利用する上で何かをアップロードしたい場合などがあるとします。そうした場合、通常の回線ではアップロードに時間がかかりますが、光回線の場合では高速でアップロードをすることができ、その結果、快適なインターネット生活を送ることができます。

 

ただし、このようなアップロードといった目的がない場合には光回線ではなく、通常のインターネット回線を利用した方が料金的な都合によってお得です。
また光ファイバーを利用するメリットとして、距離の影響を受けないメリットがあります。人数が少ない非都心部においてこのメリットは生かしやすく逆に人数の多い都心部においては光回線が混雑しやすくなります。

 

光回線にはいくつかの種類があります。フレッツ光やau光といったものがありますが、ここではフレッツ光を選択するメリットについて説明します。

 

フレッツ光はau光に比較すると対応のエリアの広さが特徴的です。またインターネットの利用料金に限り、フレッツ光とau光を比較するとフレッツ光の方がお得です。逆にインターネット回線も利用したいけど電話回線も利用したい顧客はau光回線の方が向いていることが分かりました。

 

未分類    コメント:0

NTTフレッツ光を利用するメリット

読了までの目安時間:約 2分

 

インターネットの回線としてメジャーになった光回線ですが、どこのプロバイダーで契約するかは重要な問題になります。

契約会社によってサービス内容が異なるため、しっかりと内容を確認することが重要になります。

NTTフレッツ光は大手電話会社のNTTが母体となっており、ひかり電話などと一緒に利用することができます。

NTTフレッツ光を利用するメリットとしては、ADSLなどよりもトータルで安くなる場合があることです。

一般的にNTTは高いと考えられていますが、近年はサービスの向上もあり費用も安くなっている傾向にあります。

毎月のインターネット回線の支払は、少しでも安くできれば家計の助けにもなります。

インターネットや電話などでサービス内容を確認することができるので、料金などが気になる人は利用することをお勧めします。

またNTTフレッツ光は、ADSLなどに比べて非常に高速でインターネットを接続できるといったメリットもあります。

特に家庭で複数のパソコンやスマートフォンを無線LANなどで繋げた場合、その効果に驚く人も非常にたくさんいます。

動画などの重い動作も、光回線に変えることでサクサク動く場合が多いです。

光回線は、一戸建てとマンションで契約形態が異なります。
光回線を利用するためには、工事が必要な場合もあります。
マンションなどでは実施済みのところも多いですが、契約前に確認することが重要です。

光回線は様々なメリットがありますが、しっかりとプロバイダーとサービスを確認することが重要になります。

 

未分類    コメント:0

光回線について

読了までの目安時間:約 2分

 

自宅では、光回線を契約しております。NTTのフレッツ光です。5~6年前、別の所に住んでいた時は寮の契約の関係でauひかりを契約していました。住んでいる所の建物の契約状況によって左右されている気がします。

現在住んでいる所はワンルームマンションですが、光回線の機械から無線LANルーターにも繋ぎ、スマートフォンやノートパソコンには無線LAN経由でデータ通信をしております。

一時期、毎月の通信費を削減できないかと思い光回線を解約してモバイルwi-fiルーターのみで全ての通信をまかなおうとしましたが、すぐに制限がかかるデータ使用量7ギガバイトを超えてしまい、これではダメだと思い、光回線を契約しなおしました。

やはり光回線は安定して速いのが魅力的だと思います。モバイルwi-fiルーターだと、現在速いものもありますが通信が安定しない時があるのと、充電したり持ち出したりの手間が結構面倒だということが分かりました。

不満をあげるとすれば、毎月の支払いの事くらいでしょうか。異なる日にNTTをプロバイダーから口座の引き落としがあります。家計簿をつけているので、これを毎月打ち込んでいくのは正直面倒です。

NTTとプロバイダーでひとまとめにして口座引き落としをしてほしいです。もうひとつ思いだしました。今は離れて住む実家の父の電話回線の契約があるから少し安くなっていますが、この安くなっている分が適用されなくなった場合いくら値上がりするのかが心配です。またその時は再度契約を考えなおすかもしれません。

 

未分類    コメント:0

NTTの「隼」にしたい。

読了までの目安時間:約 2分

 

私は、もともとはNTTのフレッツwith光でした。
だけど、毎月の支払いが、プロバイダー契約と一緒にすると、6000円以上していたため、両方で4900円のメガエッグに変えました。
これは、後悔していないんです。

その時のプロバイダーがヤフーだったため、なかなか、たらい回しにされて解約ができず、インターネットで調べると、そういう人が多かったのでビックリしました。

今はそんなことないと思いますが、ちょっと前はそうだったので、ヤフーをたくたん利用して帳尻を合わせることにしました。
ヤフーはやっぱりアメリカなので商売がとてもうまいんです。

解約もなかなかさせないというか、顧客を煙に巻くというか、アレッ?と気がついたら、元のアポインターにつながるようになってて、いつまでたってもグルグルたらい回しで、なんか変だし、諦めるようになっているんですよ。説明もいちいち、一人一人にしていたら面倒くさくなって、もういいや、ってなるようにしてるんですよ。
これが、生き残りの戦略なんですよ。

で、そのままにしていたら、急にメガ王となって、さらに少し安くなったんで、ヤフーとで6000円位になりました。
メガ王だけだったら5000円くらいです。

つい先日、NTTの「隼」の方から案内が来て、そっちだと回線がさらに早いので、ほんとにそっちに乗り換えたかったのですが、メガ王の方は解約金と、別にもう一つの違約金という二つがかかるため、5年契約なら、5年きちんと使用しないと、一戸建てはマンションと違ってとても支払いが高くて、結局断念しました。

 

未分類    コメント:0

光回線利用開始から11年

読了までの目安時間:約 2分

 

転宅を機に、家庭のインターネット回線をeo光に変えてから11年が経過した。利用を開始した当初はその回線速度がADSL(非対称デジタル加入者回線)や同軸回線に比べて格段に速いことに驚嘆したものだが、さすがに11年も経過するとそれに慣れてしまったこともあって段々と物足りなくなって来た。

おまけに、UQWiMAXなどの無線インターネットでも光回線が登場した当初の100Mbpsを上回るサービスを開始したので、尚更そう思われる。

しかし、光よりも周波数の低い電波による無線技術で光よりも高速な通信回線を実現することは現有技術で原理的に不可能であることから、高速通信回線ではこれからも暫くは光回線が主役であると予想される。

100Mbpsで始まった通信速度も現在の主流は1Gbpsと十倍速くなり、近い将来にはそれが10Gbpsにまでなることが既に決められているが、これは無線LANではまだまだ考えられないことである。

さはさりながら、無線LANには可搬性(モビリティ)があり、これだけはさしもの光回線も敵わない。それでも、既に国土のほぼ全域を網羅するまでになった光回線インフラを有効利用するためにも、これを無線と融合して利用することは有効である。

光ブロードバンドルータに安価な無線LANアクセスポイントを購入して接続するだけで、家中どこででもタブレットPCが使えるようになり、外出先にホットスポットがあれば、室内外シームレスでタブレットを使い続けることも可能である。

このように、11年経過しても光ファイバケーブルとその通信速度は変わりないものの、端末や周辺機器に格段の進化があって、光回線の利便性は飛躍的に高まった。これで通信速度が一桁上がれば、その魅力はますます強くなるだろう。

 

未分類    コメント:0